遺産相続の相談を長崎で活動する岩永法律事務所 相続相談室がお手伝い致します。

遺言の種類とメリット・デメリット
相続相談ダイヤル 出張法律相談お役立ち用語集サイトバー画像
  • 相続の手続きと調査の流れ
  • 法定相続人確認チャート
  • 相続放棄について
  • 遺言作成の流れ
  • 弁護士費用
  • 遺言作成の流れ
  • 遺言書の書き方
  • 遺言の種類
  • 遺言書の文例
  • 遺留分減殺請求
  • 遺留分の計算
  • 相続Q&A
  • お役立ち用語集
お知らせ

「 しっかり選んで正しく作成 」

遺言の作成方式は民法で厳密に定められています。ただ単に自分の希望を羅列するだけな ら簡単ですが、決められた方式に違反する遺言は、無効とされます。ます必要なのは、定められた方式をよく知ること。きちんと理解した上で、次の3つの方式から、ご自身の場合に合ったものを選ぶようにしましょう。

自立証書遺言
自筆で作成する遺言。パソコンやワープロ等は無効。
メリット
デメリット
費用がかからない。 方式不備で無効とされる可能性あり。
いつでも作成が可能。 盗難や紛失、遺言者の死後に発見されない可能性あり。
自筆かどうかの争いが発生する可能性あり。
遺言者の死亡時に裁判所に遺言を提出する検認手続が必要。
公正証書遺言
公正証書にして公証人役場に保管してもらう遺言。
メリット
デメリット
確実に保管。 費用がかかる。
裁判所への検認手続きが不要。  証人が2名必要。
自分で書かなくていい。
秘密証書遺書
内容を誰にも見られたくない時に。
メリット
デメリット
署名以外は自筆でなくても可(パソコンやワープロも可)。 費用がかかる。
内容を秘密にできる。 公証人に提出時、証人2名が必要。
自分で保管するので、紛失・盗難の恐れがある。
裁判所への検認手続きが必要。

トップへ戻る